会社概要

中部鍛造所という会社

中部鍛造所という社名から分かること

会社外観

弊社の社名はとてもわかりやすく、何を作っている会社なのか一目で理解できます。
ただし「鍛造」という言葉を理解し「鍛造」がどのようなものなのか理解していないと何を作っている会社なのか全く理解できません。
つまり、弊社の社員は入社前から鍛造に興味を持ち、鍛造を作るために入社を希望したのです。鍛造職人としての自信と誇りを持ち、造り上げた製品には絶対の自信を持つプロの集団です。

継承される確かな技術

写真

社員の年齢層は20代前半の若手から70代後半のベテランまでと年齢層が広く、それぞれの良さをお互いに活かしながら仕事に務めています。工場内では自分が担当する職務を全うしつつ、全員が声がけをしコミュニケーションをとりながら、ベテランが持つ確かな技術を若い世代へ伝え、技術を磨き合える環境にあります。そうして社員全員が一丸となって仕事に取り組んでいます。

熱心な3S活動でキレイな工場を実現

写真

暗いイメージのある工場内では、常に全員で3S活動を行っており、そのおかげで鍛造工場に比べるとかなりキレイな工場を維持しています。
具体的な3S活動として、毎日の作業が終わり帰宅する直前に自分の担当場所はもちろんのこと、工場内の隅々に至るところまで清掃してから帰宅する習慣があります。社員全員の自主的なその活動には驚くばかりです。
職場がキレイであれば働く意欲にも十分つながることがわかります。

会社概要

社名 株式会社中部鍛造所(カブシキガイシャチュウブタンゾウショ)
代表 代表取締役 坂口友英
所在地 【本社・工場】〒457-0863 愛知県名古屋市南区豊四丁目6番12号
TEL 052-823-3851
FAX 052-823-3401
創業年月日 1949年9月
資本金 1,000万円
社員数 16名
取引先銀行 愛知銀行 堀田支店、名古屋銀行 内田橋支店
三菱東京UFJ銀行 堀田支店
加盟団体 名古屋商工会議所、愛知中小企業家同友会
取扱製品 四輪車部品、産業機械部品、農業機械部品、電動工具部品、二輪車部品、建設機械部品、キッチン製品、その他
事業内容 20gから500gの小物で複雑な形状の精密熱間鍛造品の製造および販売
取得認証 ISO9001、エコステージ ステージ1取得
mark

アクセス案内(本社・工場)

お車でお越しの場合

名古屋高速3号大高線「堀田」より車で5分
名古屋高速3号大高線「呼読」より車で5分

電車でお越しの場合

地下鉄名城線「堀田駅」より徒歩10分
名鉄名古屋本線「堀田駅」より徒歩15分

沿革

1949年9月 坂口音次郎が南区蒲田町(現在、同所)で坂口鉄工を創業
1957年5月 有限会社中部鍛造所設立、資本金400万円
坂口音次郎が代表取締役就任
1962年4月 坂口寿喜子が代表取締役に就任
1969年12月 有限会社中部鍛造所から株式会社中部鍛造所に組織変更
1970年3月 資本金400万円から800万円に増資
1971年6月 ハンマーADH350kg(1/3t)を増設し、ハンマー3ライン体制
1979年5月 坂口忠夫が代表取締役に就任
1986年8月 ハンマーN200P(3/4t)をN2800(1t)に更新
1990年6月 重油回転炉3基を富士電機の誘導加熱装置に更新
1990年7月 蒲田町8丁目10番(204平米)を取得、新事務所新設
1993年6月 資本金800万円から1000万円に増資
1993年11月 住所表示が蒲田町八丁目から豊四丁目に変更
2010年3月 坂口友英が代表取締役に就任、坂口忠夫が取締役会長に就任
2015年4月 エコステージ認証取得
2016年5月 経営革新の承認(愛知県)
2017年1月 ISO9001取得

設備一覧

【1/3tハンマーライン】
鋼材切断設備 ビレットシャー 森鉄工所
鋼材加熱設備 誘導加熱装置 ウチノ 250kw
熱間鍛造設備 エアードロップハンマー エヌエヌシー 1/3t
トリミング設備 クランクプレス アマダ 45t
【1tハンマーライン】
鋼材切断設備 ビレットシャー 森鉄工所
鋼材加熱設備 誘導加熱装置 ウチノ 400kw
熱間鍛造設備 エアードロップハンマー エヌエヌシー 1t
トリミング設備 クランクプレス アマダ 60t
【後工程設備】
冷間鍛造設備 クランクプレス アマダ 80t
冷間鍛造設備 クランクプレス アマダ 150t
表面処理設備 ショットブラスト サカエ鋳機